懐かしい部品形状

こんにちは
スリーウェイテクノロジのSです。
今年もわずかとなりました。
一年がとても早く感じるようになりましたね~。
さて、先月くらいから、手製の商品を作っていたのですが
久々にDIP(Dual Inline Package)のICを使いました。
面実装品にくらべ大きさやピンがゴツゴツしていて
昔、部品を知らない人からケ○シみたいとか言われたりした
ことを思いだしとても懐かしくなりました。
秋葉原に行けばまだまだ現役で販売されているものもありますが
徐々に少なくなっているのもすこしさびしいものを感じます。
部品形状が変わっても中身は変わらず省電力、高速に動く開発力
はすばらしいです。
部品一つとってもとても勉強になる一日でした。
写真は、試作品での基板
配線が多いので引き回しが大変・・。
DIPソケット